無名のはてなブログ

30代150→125キロおじさんのブログ

サスペンダー修理したと思ったら、ほぼ作り直した

ゴム使った方が良かったかも

サスペンダー修理

完成図

X型の2カ所で吊るタイプ

 

事の経緯

今まで使ってたサスペンダーが

・調整金具が錆び錆び

 →洗濯しても乾く前に錆びてる?

・ゴムがよれている

 →力がかかっている部分が弱い

・吊り金具が外れやすい

 →構造上の問題?

 

という感じで弱ってきたので部品流用で作り直してみる

 

背中の結合部分

サスペンダー修理

背中の結合部分

上は昔のサスペンダー、2本あるので錆が酷い方を分解

ここに映っている金具の内部が錆びていた(1,2本両方とも)

8の字と一部の金具だけ流用して新作する

 

・ゴムからベルトに変更

金属製にしたら8の字が痛みそうなので構造は変更しないでおく

 

クリップ部

サスペンダー修理

クリップ部

左上の写真の左上(手の当たり)の金具部分がよれている

細い金具で引っ張っているせいか、斜めに力が加わるのが悪いのか?

 

・ハサミからカラビナへ変更

・金具の遊びを減らす(キツメに縫う)

 

使用したカラビナは百均の奴だけど、ズボン支えるだけだし問題ないと思う

カラビナ

ダイソーカラビナ

クリップ部完成図

サスペンダー修理

クリップ部

ズボンの加工

サスペンダー修理

ズボンの加工

ベルト紐のあるズボンは良いけど

部屋着には引っかける場所が無い......

という事で加工

 

使用感

伸びないので外しにくい

 →外出時にトイレで困るかも

伸びないから高さが安定する

 →腰パンで股間が裂けるのを防げそう

 

一長一短なので次に作るときは一部をゴムにしたり

カラビナ以外の固定法を考えようと思う

 

しばらく使って様子見かなぁ